こんなお酒は高く売れる

入手困難な日本酒は高額買い取りが期待できる

お酒の買い取りを行っている店で高額買い取りの対象になるものはどういった種類になるのでしょうか。
まず、日本酒や焼酎の場合、酒屋に行けば普通に購入できるといったものは買い取り不可の可能性が高いです。流通数が少なく、プレミア的な価値がついていものであれば高額買い取りが期待できます。たとえば焼酎であれば蔵元に電話で購入を申し込み、抽選に当たると実際に買うことができるようになるという銘柄がありますが、そういったものは高くなります。日本酒であれば蔵元の地元にある酒屋に行かないと入手できないようなものも評価が高いです。知名度の高さはそれほど関係ありません。知名度が低くても一定数ののファンがいて入手困難なものであれば、買い取り金額は高くなります。

洋酒の場合は製造年と付属品が重要

洋酒の場合、やはり年代物というのが高額買い取りのポイントになります。ただ、ワインの場合は古ければ古いほど高くなるというわけではなく、当たり年といわれる評価の高い年のお酒が高くなります。なので、ワインを売る場合は西暦何年に作られたものなのか、必ず確認しておくといいでしょう。
ウイスキーも古い物の評価は高くなりますが、ワインと違うのは、国産のものでも高く買い取ってもらえるものがあるという点です。国産のプレミアムウイスキーの中には買取価格が100万円近くになるものもあります。
また、プレミアムの洋酒の場合、箱などの付属品があるかないかで査定額が変わってきます。もちろん、すべてついているものの方が高くなります。

© Copyright Possessing Alcohol . All Rights Reserved.